Google+
Read Article

MT-MPS研究会とは

コンセプト

MT-MPSを通して人々のQOL(Quality of Life: 生命の質)の向上に寄与する。

概要

MPSは1988年にアメリカで初めて概念化されました。
MPSは全身の肩こりや腰痛などの原因の大部分を占めると考えられています。

MPSに対して日本旧来の徒手療法からアプローチしようとしたのがMT-MPSです。

MT-MPSは臨床的には効果を実感できるもので、日本においても徐々に拡がってきているものの、その科学的な研究や発展に乏しいのが現状です。
その現状を改善するべく創られたのが当研究会であり、他職種連携の下で、MT-MPSの実践、研究開発、さらには普及や学術的な情報発信をしていくことが当研究会の使命と考えています。

Return Top